テレメータリング推進協議会について

当協議会は、テレメータリングシステムの標準化ならびに普及活動によりガス器具等の集中監視による安全・安心の確保、検針・配送業務などの合理化・高度化・効率化、「エネルギー使用量の見える化」、「見守りサービス」の普及による独居高齢者等の安否確認等を推進しているNPO法人です。

会員相互の協力による標準仕様の作成、各種研究報告会、展示会の開催、調査・研究、人材育成等の活動を推進することにより「つないで変わる未来のくらし」を目指し、人々の暮らしの安全・安心、低炭素社会を実現していくことを目的としております。

テレメータリングシステムの変遷と課題

テレメータリングシステムは1980年代にアナログ電話回線で『ノーリング通信サービス」が開始されたことで、導入が始まりました。
当初、需要家の回線を借用しメータと通信する形で普及してきましたが、昨今においてはアナログ回線の普及率低下に伴い、WAN区間の多様な通信が登場するとともに、その変遷スピードも加速度的に早くなってきています。これらの課題に対応するには新たな方式の標準化が求められます。

テレメータリングシステムの全体像と標準化

テレメータリング推進協議会(以下、当協議会)では、ガス、水道、電気等のエネルギーの使用量の見える化やガス燃焼機器等の運転状況、異常を監視して事故を未然に防ぎ、消費者の安全・安心を確保する事を目的としてテレメータリングシステムの普及を目指しています。

テレメータリングシステムの普及には『有線』『FAN区間』『WAN区間」のそれぞれにおいて関連技術と機器を標準化する事が必要となります。
当協議会ではこれら技術の標準化規格制定、認証プログラムの整備、テレメータリングシステム構築のためのガイドライン整備を進めています。

Uバス 仕様概要

Uバスは従来の電池駆動メーターの通信方式から通信速度を高速化し、パケット通信方式を採用した新しい通信インターフェースです。
バス接続方式を採用したことでメータ以外の機器とも接続が可能となる拡張性を有しています。
制御コード(cc)にて、端末種別、セッション、シーケンス、パケット分割の管理を行う事でシステムの最適化を実現します。

Uバスエア 仕様概要

Uバスエアは920MHz帯を使用し超低消費電力を実現した近距離無線通信方式です。最大50台のメッシュネットワークを構築し、マルチホップ通信を行う事でFAN区間のカバーエリアを拡大します。

特徴1 システムマネジメントによる端末管理の効率化

無線機はシステムマネジメント機能により無線ネットワークに接続された全てのメータIDを管理しています。
センタからUバスエアを経由してメータ宛に通信を行う際は、宛先となるメータIDのみを指定するだけで、無線ネットワークが自動でルーティングを行います。センタからは無線ネットワークを意識することなく通信できる為、端末管理の効率化が可能となります。

   

特徴2 RIT(Receiver Initiated Transmission)による超低消費電力通信

全ての無線機はビーコン(RIT Data Request)送信するとき以外はスリープ状態となり無線を停止します。パケットを送信したい時だけ周囲のビーコンを受信しリンクできた無線機に対してパケットを送信することで超低消費電力通信を実現し、電池で10年の稼働を可能とします。

特徴3 自動ルーティングによる高信頼性通信

各無線機はバケツリレー方式により宛先までパケットを中継します。その際、宛先に対してホップ数が少ない経路を中継のたびに自動的に選択し最短経路で中継させると同時に、万が一障害物により最短経路を検出できなかった場合でも、各無線機の持つネットワーク情報をもとに迂回経路を探索し信頼性の高い通信を実現します。

Uバスエアのレイヤ構成と認証

Uバスのレイヤは以下の通り構成されます。

高信頼で相互接続可能な無線ネットワークの構築やマルチベンダー化の促進により、安定かつ安価にUバスエア無線機の調達を可能とする事を目的として認証プログラムの整備を進めています。
PHY/MACレイヤはIEEE802.15.4に準拠し、WiSUNアライアンスと連携し『WiSUN-JUTAプロファイル』を制定し、2019年5月28日に認証プログラムが開始されました。

標準化仕様一覧

テレメータリング推進協議会ではテレメータリングシステムの普及に向けて、多様な用途に応じたUバスベースの規格を策定しています。

仕 様 書 名 備  考
次世代通信ライン仕様書 Uバス(有線)インターフェース仕様
メーター通信機能仕様書 Uバス方式でメータと通信する際の通信手順
Uバスエア(多段中継無線)通信仕様書 UバスエアのPHYレイヤ、MACレイヤ、NETレイヤ仕様
Uバスエア(多段中継無線)機能仕様書 Uバスエアのネットワーク管理、端末管理、通信手順
BB無線機通信仕様書 Uバスエアの複数ネットワークをバックボーンネットワークで取りまとめる
一体型BB無線機機能仕様書 BB無線に関する仕様
一体型BB無線機機能仕様書
多ポート型多段中継無線機仕様 UバスエアでUバス以外の従来インターフェースへの対応に関する仕様
広域端末共通仕様書 端末仕様 広域端末に関する仕様
広域端末共通仕様書 電文仕様
広域端末共通仕様書 無線仕様
仮想Uバス方式機能仕様書 従来インターフェースをUバス電文に変換する仕様
Uバス通信機能付き電子式水道メーターインターフェース仕様書 電子式水道メーターのUバス電文仕様
U-Bus Air 共通仕様書(セキュリティ有り) 無線仕様(PHY・MAC層)★ Uバスエア高密度モデルPlofi leのPHYレイヤ、MACレイヤ仕様
U-Bus Air 共通仕様書(セキュリティ有り) 無線仕様(NET層)★ Uバスエア高密度モデルPlofi leのNETレイヤ仕様
U-Bus Air 共通仕様書(セキュリティ有り) システムマネジメント仕様★ Uバスエア高密度モデルPlofi leのネットワーク管理、端末管理
U-Bus Air 共通仕様書(セキュリティ有り) Uバス通信仕様★ Uバスエア高密度モデルPlofi leの通信手順
U-Bus Air 共通仕様書(セキュリティ有り) 電文仕様★ Uバスエア高密度モデルPlofi leの電文仕様

※:2019年10月現在
※:★印が記された仕様書はセキュリティ機能に関する記載がある為、公開はしていません。
  開示あたり当協議会との秘密保持契約の締結が必要となります。