本文へスキップ

運用体制structure

テレメータリング推進協議会では、会員事業者を中心とした研究部会を設置し、テレメータリングを社会インフラにするための各種研究活動を実施しています。
研究部会の内容(講演資料、研究資料、議事録等)については、会員ページよりダウンロードが可能です。



広報・普及
委員会
戦略部会 ・全体活動方針・標準化方針の立案
・関係官庁、関連外部団体との情報交換
 または折衝
・研究報告会の企画・運用
旧研究部会
広報部会 ・展示会の開催・参加
・ホームページの運用・管理
・認定販売事業者フォローアップ
・その他の広報、普及活動
旧広報・普及部会
旧HP運営委員会
標準化
委員会
企画・技術部会 ・新規企画提案の審議、
 個別テーマのマーケティング
・標準化の企画書を作成
・標準仕様書を作成
・当事者および第三者の権利の管理と調整
・標準仕様の維持・管理、利用状況の調査
旧技術SWG
進捗中の標準化WG
認証部会 ・認証方法の企画・立案
・認証用のテスト仕様の作成
・テストの実施、証書の発行
・商標、ロゴ使用の管理・資源管理
旧WISUN連携WG










戦略部会

戦略部会の役割

主な役割 具体的活動計画
全体活動方針・
標準化方針の立案
・広報・普及委員会、標準化委員会の活動等、テレメ協全体
 の活動方針を検討する。
 例 標準化した技術の応用や海外展開、LPWA等の新技術
 への対応方針、等
関係官庁、関連外部団体との
情報交換または折衝
・経産省液石ガス小委員会、等へ参加する。<事務局中心>
・スマートハウス研究会(4回程度/年)へ参画する。<事務局中心>
・標準化に伴う関連外部団体等との折衝を行う。
<企画・技術部会、認証部会と連携>
研究報告会の企画・運用 ・年間研究テーマを決定し、それにあわせて会員や会員外の
 専門家等から研究報告会で講演してもらうよう調整する。
 (平成29年度は28年度に宮原理事が策定したテーマ※に
 基づき継続して研究報告会を計画する)
 ※「IoT」「他業種との協業・融合の在り方」「世界の状況」
・企画・技術部会、認証部会、広報部会の活動状況を適宜
 研究報告会で報告してもらうよう調整する。

戦略部会の年度計画


※戦略部会は原則として研究報告会(4回/年)の2週間程度前に開催します。
 それ以外にも必要に応じて部会長の招集によって開催します。












広報部会

広報部会の役割

主な役割 具体的活動計画
展示会の開催・参加 ・ガススマートライフ展の開催
 東京開場:東京ガス本社
 大阪会場::伊丹シティホテル
・GASKOREAへの出展
・展示・講演等の詳細展示会WGで検討する。
ホームページの運用・管理 ・策定した標準化仕様の掲載の他、広報・普及委員会、
 標準化委員会の活動等、テレメ協全体の活動状況を掲載する。
・具体的な運用は、ホームページWGで検討する。
認定販売事業者
フォローアップ事業
・経済産業省ガス安全室と連携し、認定販売事業者のエンブレムを
 公募、採択、ガス安全室の認証を獲得し、全国の認定販売事業者
 に予約募集と販売を行う。
・認定販売事業者等との接触により、会員の増加を図る。
・各地域ごとの認定販売事業者の交流活動の検討および県LPガス
 協会への集中監視の説明等、さらなる認定販売事業者の増加に
 向けたサポート活動を実施する。
・具体的な運用は、認定販売事業者フォローアップWGで検討する。
その他の
広報、普及活動
・広報、普及活動を担うマイスター制度の検討、等

広報部会の年度計画


※広報部会は、必要に応じて部会長の招集によって開催します。
 ホームページWGは、必要に応じて開催します。












企画・技術部会

企画・技術部会の役割

主な役割 具体的活動計画
標準化推進 ・標準化の企画書を作成(個別テーマ推進WG)
 マーケッティングを含めた必要事項記載
・標準仕様書を作成(個別テーマ推進WG)
 テーマの推進主体は個別テーマWGであり、
 企画・技術部会がフォローする
・新規企画提案の審議
・標準仕様書の審議
・当事者および第三者の権利の管理と調整
 テーマ提案があった時に必要に応じて推進する
標準仕様の維持
・管理利用状況の調査
・(技術検討WG)を年4回程度開催し、下記に関して議論する
 @新規テーマの発掘・必要性の討議
 A標準化された企画の課題、問題点の抽出
 B技術・運用等の情報交換
・既存規格の利用状況の調査と改廃の審議(企画・技術部会)
・NTT東西PSTNマイグレーションの技術的調査・確認

企画・技術部会の年度計画


※企画・技術部会は、必要に応じて部会長の招集によって開催します
※※平成29年度は組織改定後のため技術検討WGを3回とします












認証部会

認証部会の役割

主な役割 具体的活動計画
試験仕様書作成
認証事業計画立案
・企画・技術部会において作成された標準仕様書に基づいた認証で用いる
 試験仕様書の作成。
・テレメータリング推進協議会自身で実施する認証(JUTA認証)に関する
 事業計画立案。
認証事業の環境整備・運営 ・JUTA認証で使用する設備の管理・運営。
・JUTA認証の試験の実施。
・JUTA認証の費用徴収。
資源管理 ・各種資源の発行および管理
→JUTA認証によって発行する合格証書/商標/ロゴ
→事業体コード
→UバスID
→Etc
その他の標準化団体
・外部認証機関との調整・折衝
・WiSUNアライアンス等の他の標準化団体や、
 TELEC、TUV等の外部認証機関との連携をするにあたって、
 責任区分や価格に関する調整・折衝。

認証部会の年度計画


※第一回認証部会は、『Uバスエア・セキュリティ標準化』テーマ推進WGの第一回と合わせて開催予定です。
※※認証部会は、必要に応じて部会長の招集によって開催します。
※※※WiSUN JointWPは、月1回程度の頻度で実施しています。












information

NPO法人
テレメータリング推進協議会

〒105-0001
東京都港区虎ノ門2−6−13
三木虎ノ門ビル7F
TEL.03-3591-9686
FAX.03-6240-4664
→アクセス